2013.8.6
本より、、、

『昨年、義母を看取りました。とてもおしゃれな人で、いいものにはお金を惜しまず、暮らしを楽しんだ人でした。そんな義母が病院で最期に使っていたのは、プラスチックのコップと、コンビニでもらった先割れスプーンでした。体力がなくなれば、重い器は持てないし、手が不自由になれば、箸も使えません。今、大切だと思っているものは永遠ではない、と思い知らされました。これからの人生は過不足のないものとつき合っていきたいなと思うようになりました。』

何だかいろいろ考えされる一文でした。
[PR]
# by hiro_20041201 | 2013-08-06 00:00 | *日々*



hiro
       
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


*本棚*